フラメンコ衣装・フラダンス衣装 emika

フラメンコ衣装・フラダンス衣装 emika
フラメンコ,フラダンス,フラメンコ衣装,フラダンス衣装,パウスカート,ワンピース,フラメンコ用品,フラダンス用品,ファルダ スカート販売,通販,ショップ,emika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラメンコ衣装・フラダンス衣装 emika の商品

スポンサーサイト

テーマ:ファッション情報 - ジャンル:ファッション・ブランド

フラダンス パイピングフリル パウスカート 73cm丈 ブラック 1292

フラダンス パイピングフリル パウスカート 73cm丈 ブラック 12923800円
フラダンス 衣装

ハワイアンファブリックを高品質な自社工場で縫製。フリルとパイピング加工を施したパウスカート。ホイケ等でも綺麗です。フリルブラウスとのコーディネートも◎ 身長148cm~165cm前後の方におすすめです。(丈の長さは個人のお好みもございますので目安となります。) フリーサイズ スカート丈73cm仕上がり(ゴム入れ前75cm) ウエスト59~90cm(脇ゴムでサイズ調整可能)3段ゴム color:ブラック ポリエステル65%・綿35%(ハワイアンファブリック使用)

フラメンコ衣装・フラダンス衣装emika

テーマ:フラダンス衣装 - ジャンル:ファッション・ブランド

フラメンコ衣装・フラダンス衣装emikaのお店紹介

フラメンコ衣装・フラダンス衣装emikaのお店地図

住所:〒273-0005
千葉県船橋市本町4丁目41番29号
℡:047-404-9280

フラメンコ・フラダンス 衣装 emika

メールアドレス:info@emika.jp

JR船橋駅南口より徒歩3分

フラメンコ ジグザグフリル水玉ファルダ 97cm丈 レッド 176r

フラメンコ衣装・フラダンス衣装emikaの携帯サイトはこちら


フラメンコ ジグザグフリル水玉ファルダ 97cm丈 レッド 176r4980円
フラメンコ 衣装

新デザインのファルダスカートは2色の水玉を使いボリュームをだしたデザインでバイレを美しく演出します。後ファスナー&脇ゴムなので履きやすさ◎ サイズフリー スカート丈ベルト下97センチ ウェスト62~70センチ ポリエステル100%

テーマ:フラメンコ衣装・フラダンス衣装 - ジャンル:ファッション・ブランド

フラメンコ

フラメンコ【flamenco】
スペイン南部、アンダルシア地方のジプシー起源の音楽および舞踊。ふつう歌い手とギター奏者一人ずつからなり、踊りは手を打ち足を踏み鳴らす激しい動きが特徴。

フラメンコは、スペイン南部のアンダルシア地方に伝わる芸能で、歌、踊り、ギターの伴奏が主体となっている。フラメンコの歴史と発展にはヒターノ(スペインジプシー)が重要な役割を果たしている。さらにさかのぼると、ムーア人の影響もみられる。

用語
カンテ(Cante)
歌。魂の奥底から響く深い声(カンテ・ホンド)こそ、フラメンコの真髄といえる。ヒターノ達にとってフラメンコと言えば、まずはこのカンテが重要。
バイレ(Baile)
踊りのこと。日本ではフラメンコといえば踊りというイメージが強い。つま先やかかとで床を踏み鳴らしてリズムをとる(サパテアード)、また手の動き(ブラッソ)はフラメンコの命である。
トケ (Toque)
主に、アコースティック・ギターの一種であるフラメンコギターを用いる。指先でギターを叩いてリズムを取る奏法からギター表面を保護するため、セルロイドなどで出来たゴルペ板を貼ってあるのが特徴。ゴルペ(名詞golpe,動詞golpear)とはスペイン語で「打撃、打つ」などの意味。
パリージョ(パリーリョ)
踊り子が両手に持つカスタネット。利き手には高音が出るもの、逆手には低音がでるものをつける。
ハレオ(Jaleo)
掛け声。『オーレ!』(アラー由来?といわれる掛け声)、『 ビエン!』(good、いいぞ、の意)などの掛け声が場を盛り上げる。

種類(パロ)
フラメンコにはリズム(コンパス)や曲調によって多くの種類がある。

ソレア(Solea) - soledad(孤独)が由来とされ、フラメンコの最も古い形といわれる。深みと威厳のある曲種。
シギリージャ(Seguiriya) - 変拍子風の複雑なリズムを持つ。簡素で厳格な曲調であり、カンテは嘆きを表現する奥深いものである。
アレグリアス(Alegrias) - alegre(喜び)という語源通りの明るく陽気な曲種。ダイナミックで爽快なバイレが特徴。
ブレリア(Buleria) - burla(あざけり)が語源といわれる。最もテンポが速い曲種であり、激しい曲調を持つ。宴の締めによく使われる。
セビジャーナス(Sevillanas) - セビージャ発祥の舞踊曲が起源。4曲で1セットで、明快な曲調。ステップは易しく、バイレの入門曲に使われる。
タンゴ(Tango) - カディス発祥、2拍子でノリのよい明るい曲種。アルゼンチン・タンゴとは別種。宴の締めによく演奏される。
タンギージョ(Tanguillos)- 小さなタンゴの意。タンゴよりも速く、ユーモラスで愛嬌あふれるバイレが特徴。
ほか。

鑑賞時の注意
基本的に観客席からは手拍子(パルマ)を打たないほうが良い。 リズムが難しく、また曲調によってリズムがさまざまに変化するので、素人が手拍子を打つとかえって音楽の妨げになってしまう。 一方で、掛け声(ハレオ)は歓迎されるらしい。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フラダンス

フラ‐ダンス
ハワイの民族舞踊。もと宗教儀式の一部として踊られたもの。手や腰をくねらせて踊る。

フラ(ハワイ語: hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲である。フラにはダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てが含まれる。

フラの詠唱(メレ)は、イプと呼ばれるヒョウタンと、イリイリと呼ばれる石のカスタネットでリズムをとる。それに合わせて儀式にのっとった形でダンスが演じられる。カヒコと呼ばれる古典的なスタイル(古典フラ)と、アウアナと呼ばれる現代的なスタイル(現代フラ)がある。

フラの起源については諸説ある。ある伝説によれば、女神ラカがモロカイ島の聖地カアナにフラを生んだという。モロカイ島では毎年5月にフラの誕生を祝い、「踊りの中心」を意味するカフラピコという祭りが開かれている。別の伝説では、ヒイアカが姉の火山の女神ペレの荒い気性をなだめるために踊ったのが始まりだという。

ハワイが西洋と接触する1778年以前からのフラは宗教儀式と緊密に結びついたものであり、パフと呼ばれるサメ皮の太鼓の伴奏で行われるダンスは、神に捧げられる最も神聖なものである。1820年にハワイにやってきたプロテスタントのアメリカ人宣教師たちは、フラを異教の踊りとして断罪し、禁止している。ハワイのダンスは、伝統芸術を奨励したカラカウア王の時代に復活した。このとき詩歌や衣装を新たに組み合わせて作られたのがフラクイと呼ばれる新しい形式である。フラクイでは神聖なパフは避けられ、代わりに伝統的な楽器であるイプ(ヒョウタン)が結びつけられた。しかしながらフラの儀式的・祈祷的側面は20世紀に入るまで守られており、フラの練習と実演は、女神ラカに捧げるものであった。

その後フラは観光やハリウッド映画の影響で大きな変貌を遂げ、1970年代以降新たに関心が高まっている。ハワイ島ヒロでは「メリー・モナーク・フェスティバル」として、例年復活祭から一週間、カラカウア王を記念したフラのコンテストが行われている。

日本では過去、フラをフラダンスと言っていたが、フラにはダンスという意味も含まれており、誤った用法である。この為、近年ではフラの名称で統一されつつある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フラメンコとは

スペイン南部、アンダルシア地方のジプシー起源の音楽および舞踊。ふつう歌い手とギター奏者一人ずつからなり、踊りは手を打ち足を踏み鳴らす激しい動きが特徴。 フラメンコは、スペイン南部のアンダルシア地方に伝わる芸能で、歌、踊り、ギターの伴奏が主体となっている。フラメンコの歴史と発展にはヒターノ(スペインジプシー)が重要な役割を果たしている。さらにさかのぼると、ムーア人の影響もみられる。

フラダンスとは

ハワイの民族舞踊。もと宗教儀式の一部として踊られたもの。手や腰をくねらせて踊る。 フラ(ハワイ語: hula)はハワイの伝統的な歌舞音曲である。フラにはダンス、演奏、詠唱、歌唱の全てが含まれる。 フラの詠唱(メレ)は、イプと呼ばれるヒョウタンと、イリイリと呼ばれる石のカスタネットでリズムをとる。それに合わせて儀式にのっとった形でダンスが演じられる。カヒコと呼ばれる古典的なスタイル(古典フラ)と、アウアナと呼ばれる現代的なスタイル(現代フラ)がある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。